第19回 代替・統合療法 日本がんコンベンション

poster_s

開催情報

名称:第19回 代替・統合療法 日本がんコンベンション
会場:秋葉原コンベンションホール 東京/秋葉原
会期:2013年7月6日(土)~7月7日(日)
参加者:各日 400名 2日間計 800名
主催者:NPO法人 がんコントロール協会

コンベンションは2日間で750名ほどの参加者をお迎えし大盛況で終了しました。
 

第19回 代替・統合療法 日本がんコンベンションの写真集

第19回 代替・統合療法 日本がんコンベンションのご紹介動画

4分ほどで説明しています。

 

ご参加いただいた方々の感想

  • グリーンの飲や体験のブース等がとても良かった。商品を実際に試せて、良さを実感できるのはとても良い。K.H様(60代女性)
  • 来年もぜひ参加したいと思った。そして、友人や知人にも伝えていきたい。越村友紀様 (女性)
  • 両親の老後、父の癌、兄の慢性腎不全など、叔父の死、色々と学び、自分でも知るべきだと感じました。医者ばかり頼れないです。田舎の人々にも知らせたいです。A.E様 (30代男性)
  • 医療の実態を知ることが出来て良かったと思います。大病院に行きさえすれば助かると思っていたこと、目からうろこです。(60代女性)
  • 他では聞けない情報を提供して下さっている事本当に有難く思います。とても面白く一日過ぎるのが早かったです。食の情報以外にも政治の観点から話が効けて面白かった。(20代女性)
  • 初めて参加しましたが、素晴らしいコンベンションです。感動しました。井澤裕子様 (女性)
  • 多くの人にこの活動を伝えたいと思います。(50代男性)
  • 今年もエネルギーを一杯もらいました。ありがとうございました。(50代女性)
  • ありがとうございました。この場に来れたことに感謝いたします。森山先生、あたたかい司会ありがとうございました。 菅原恵様
  • ボランティアの皆様、森山先生、参加者の方々に心から感謝致します。N.K様
  • すばらしい気づきといやしをいただきました。30年来の心のしこりが一瞬にして消えた実感がありました。ありがとうございました。R.H様 (50代女性)

パンフレット



 

講演者と講演内容【7月6日(1日目)プログラムより】

時間 講演者写真 講演内容・講演者
9:50-10:50 帯津 良一

講演「医療とは治しと癒しの統合-S.J.グールド教授に学ぶ」

帯津 良一医師・医学博士、帯津三敬病院名誉院長

東京大学医学部卒。西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れ、医療の東西融合という新機軸を基に、がん患者などの治療に当たる。人間をまるごと捉えるホリスティック医学の第一人者として、日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会理事長なども務め、その実績は高く評価されている。著書「いい場を創ろう」「健康に振りまわされない生き方」「生きるも死ぬもこれで十分」他。

10:50-11:50 藤田 紘一

講演「50歳からは炭水化物をやめなさい-活性酸素ががんをつくる 」

藤田 紘一郎医師・医学博士、 東京医科歯科大学名誉教授

東京医科歯科大学医学部卒。東京大学伝染病研究所大学院終了。専門は寄生虫 学と熱帯病学。特に寄生虫関連の一般書で広く知られるようになった。また、花粉症の原因を寄生虫を撲滅しすぎたためとする説を広めたことでも知られる。自身の研究の一環として、自らの腸内で15年間6代にわたり条虫(サナダムシ)と共生していたことがある(“きよみちゃん”と名付けたサナダムシは、3代目)。主な著書に「空飛ぶ寄生虫」「体にいい寄生虫」「50歳からは炭水化物をやめなさい」他。

11:50-12:40 酒向 猛

講演「現役医師が教えるガンの克服術」

酒向 猛医師・医学博士、島村トータル・ケア・クリニック副院長

順天堂大学医学部卒、1986年3月名古屋大学大学院医学研究科卒、1986年4月岐阜県立多治見病院外科医長、2004年同外科部長兼中央手術部部長、2007年4月中津川市民病院診療部長兼統括外科部長、2008年4月セントマーガレット病院、2012年2月現職に至る。著書「現役医師が教えるガンの克服術」「隠された造血の秘密」他。

13:50-14:40 古江 嘉明

講演「21世紀の〈ガン〉診療最前線」

古江 嘉明医師・古江クリニック名誉院長、日本ホリスティック医学協会顧問

生体気診研究会会長。束京医科大学卒。昭和38年、群馬県鬼石町立国保病院院長。昭和41年広島市内(現在地)に外科医院を開業。昭和54年より東洋医学の道に入り、中国医学でいう陰陽虚実の調整が治療効果を高めることに気づき、以来一人ひとりの患者に応じたホリスティックな医療を続けている。著書「21世紀の対ガン戦略と診療最前線」。

14:40-15:30 渡邉 勇四郎

講演「あなたのがんを消すのはあなたです 」

渡邉 勇四郎医師・元国立感染症研究所客員研究員

新潟県生まれ。1972年、新潟大学医学部卒。1982-1992年、聖マリアンナ医科大学内科講師、1993-2000年、聖マリアンナ医科大学助教授、2000-2005年、総持寺鶴見総合病院副院長、2006年-厚木佐藤病院内科医師。専門は内科学、肝臓病学。1989-1992年、国立予防衛生研究所(現在の国立感染症研究所)客員研究員。著書「あなたのがんを消すのはあなたです」「常用薬物による肝障害」。

16:10-17:00 LYNNETTE BLAKE (リネット・ブレイク)

講演「子宮頸ガン克服闘病記-どうしてがんが消えたのか!」

LYNNETTE BLAKE (リネット・ブレイク)ND(ナチュロパシ・ドクター-米国)

米国、カナダ、豪州などで資格化されているNDは、症状のみならず精神的なケアや予防医療にも対応する。米国では全米15州にND養成の専門大学が存在する。習得する治療法は、ハーブ療法、栄養療法、物理療法、ホメオパシーなど、多岐にわたっている。

17:00-17:40

講演「細胞に必須の栄養素 -正常分子栄養学-」

森山 晃嗣NPO法人がんコントロール協会理事長、ボタニック・ラボラトリー(株)代表

食事療法によって病気を克服した体験をきっかけに、米国医大通信講座で正常分子栄養学を学び、その後30年以上にわたり ロジャー・ウイリアムス博士、アブラハム・ホッフォー博士、ライナス・ポーリング博士、ジョナサン・ライト博士、 パアボ・エーロラ博士たちの生物学的医療の基本となる栄養について学ぶ。著書「アメリカはなぜガンが減少したか」「脳身快適」他。

17:40-18:50 船瀬 俊介

講演「このままでは日本が本当に危ない!!」

船瀬 俊介消費・環境問題評論家

九州大学理学部入学(中退)、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。『消  費者レポート』などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。独立後は消費者、環境問題を中心に執筆、講演活動を展開。著書に「笑いの免疫学」「抗がん剤で殺される」「知ってはいけない」他。

講演者と講演内容【7月7日(2日目)プログラムより】

時間 講演者写真 講演内容・講演者
9:50-10:30 フランク・コウジノウ

講演「アメリカの最も基本となる代替療法と最新代替療法」

フランク・コウジノウ米国がんコントロール協会(CCS)会長

今年で41回目のアメリカがんコンベンションは、8月31日(土)、9月1日(日)、2日(月)にシェラトン ユニバーサルホテル(ロサンゼルス)にて開催される。アメリカの最も基本の代替療法と最新の代替療法について語る

10:30-11:30 小南 奈美子

講演「病は気からパートⅢ」

小南 奈美子医学博士(米国)・米国医師会会員

1931年愛知県生まれ、時代の波に翻弄されながらも23歳で念願の米国留学を果たし、医師として人間の「体」と取り組む。85年帰国後は人間の「心」と取り組み、人材育成に携わる。「恋も人生も、自分で選べば失敗しても学べる」が信条。(有)プロア代表、NPO法人プロアエデュケーション理事長を歴任。著書に「みんな好きで一緒になった」(病は気から-ニューアプローチ)他。

11:30-12:10 杉浦 貴之

講演と歌「命はやわじゃない -がん余命半年から14年目を迎えて-」

杉浦 貴之がんサバイバー

1971年愛知県生まれ。1999年、28歳で腎臓がん、「余命半年、2年以上の生存率0%」の宣告。現在、命の雑誌『メッセンジャー』編集長兼シンガーソングランナーとして、がんになる前より元気にトーク&ライブ、講演、取材など全国を駆け回っている。主な出演番組「奇跡体験!アンビリーバボー」「誰も知らない泣ける歌」。

13:20-14:20 森 吉臣

講演「血液クレンジング療法の抗がん効果」

森 吉臣医師・赤坂AAクリニック院長、獨協医科大学名誉教授

日本大学大学院医学研究科卒、昭和55年 米国カリフォルニア大学医学部付属病院腎研究室勤務、昭和57年日本大学医学部付属板橋病院病理科勤務、昭和59年獨協医科大学越谷病院病理科勤務、平成10年獨協医科大学越谷病院副院長。平成17年赤坂アンチエイジングクリニック開院。平成21年 赤坂AAクリニック開院。
著書「病気治療は血液クレンジングから」「病気を寄せ付けない体をつくる植物力」他。

14:20-15:30 済陽 高穂

講演「ガンは食事で防げる」

済陽 高穂医師・医学博士、西台クリニック院長、千葉大学医学部臨床教授

千葉大学医学部卒、東京女子医科大学消化器病センター入局。1973年国際外科学会交換研修員として米国テキサス大学外科教室(J.C.トンプトン教授)に留学、消化管ホルモンについて研究。帰国後、東京女子医科大学助教授、2003年より都立大塚病院副院長を経て、著書に「今あるガンが消えていく食事」「9割のガンは食事で防げる」他。

15:30-16:10

休憩

16:10-17:00 松野 哲也

講演「ガンの処方箋」

松野 哲也理学博士・元コロンビア大学ガン研究センター教授

1942年横浜市生まれ。生化学者。東京大学理学部生物化学科卒。同大学院博士課程修了(理学博士)。国立研究所でインターフェロンの作用機作、ウイルス・化学発ガン、ガン胎児性タンパク質、ガン細胞のエネルギー代謝機構、抗ガン物質の探索、プロポリスの成分分析と薬理作用の解析、などの基礎医学研究に従事。国立予防衛生研究所ウイルス室長。1996年コロンビア大学・ガン研究センター教授として渡米され、自らの大腸癌をプロポリスで自然治癒。
著書「ガンはこわくない!―大腸ガンから自然治癒した生化学者の、ガン克服法」他。

17:00-18:00 寺山 心一翁

講演「がんの自然治癒は悟りへの道だった」

寺山 心一翁意識の超越理論創案者、ホリスティック経営コンサルタント

早稲田大学第一理工学部卒。大学で物性物理を学び東芝に入社、半導体素子の開発などに従事。1984年右腎臓ガンを患い、三大療法のあと肺などに転移、死を覚悟で退院。自宅でガンに愛を送り、チャクラを開き、チェロの波動でガンは自然治癒する。著書に「ガンが消えた-ある自然治癒の記録-」「フィンドホーンへのいざない」他。

 

第19回 代替統合療法 日本がんコンベンションの告知にご協力くださった方々

【東京編】
————————————————————————————

● 成仁医院 足立区中川4-29-12

● なないろ薬局亀有店 葛飾区亀有3-36-4白岩ビル

● 中央医療技術専門学校 葛飾区立石 3-5-12

● 東部薬局 葛飾区亀有 4-40-4

● 日下内科 葛飾区青戸8丁目3−10 リバティー亀有2 1F

● カンノ整形外科・内科 葛飾区亀有5-20-14

● 亀有整骨院  葛飾区亀有3-21-8

● 亀有北口整骨院 葛飾区亀有5-17-10

● ひまわり整骨院 葛飾区亀有5-28-2

● 西沢薬局 足立区中川4-1-1

● あぶらや薬局 葛飾区亀有3-37-3

● そよかぜ薬局青戸店 葛飾区青戸6‐16‐19

● 公益財団法人東京都保健医療公社 東部地域病院 葛飾区亀有5-14-1

● ひびき調剤薬局 青戸8-3-10 リバティ亀有Ⅱ

● 木原工業所

● 亀有病院

● ユタカ薬局ゆうろーど店

● サカイ食堂 東京都墨田区東向島2-15-3

● ヨガ・ピラティス|TAKT EIGHT 東京都八王子市南町5-6

 シュクラ/ハラジュク 東京都渋谷区神宮前4-28-25

● 喜光(よしみつ)歯科医院  葛飾区亀有2-57-4

● ヴィーガン料理 リトルヘブン 豊島区北大塚2-29-3

● ヘルシー・ダイエット・サロン キュート  葛飾区白鳥 3-1-1 ライオンズシティお花茶屋 1002

● つばさ薬局 葛飾区亀有3-6-9

● 漢方の松澤薬局  葛飾区亀有3-3-10

● (株)マスミ東京 豊島区巣鴨4-6-2

● 王子太極拳クラブ  北区王子2-7-1

● 「食と心身の健康を考える会」

● 株式会社 駿河屋【自然素材の注文住宅・リフォーム】 東京都墨田区向島1-24-16 1F

● ネイルサロン アビュール 【ネイルサロン】台東区寿3-3-3 1F

● アサンテサーナカフェ  目黒区三田2-7-10-102

● Sunandmoonヨガスタジオ 品川区上大崎 3-1-5

● ゆとりろんカフェ 中野区中野5-36-1

● 自然食レストラン NaTuLa 神田店 千代田区鍛冶町2-3-14

● 沖縄食堂 新宿区西早稲田1-8-18

● 朱クリニック 葛飾区亀有5-26-1

● 松岡胃腸クリニック 葛飾区亀有3-32-16

● 山形鍼灸整骨院  葛飾区亀有5-39-14

● 亀有中央病院 亀有みんなのクリニック   葛飾区亀有 2-5-1

● 中野会計事務所  【税理士】 武蔵野市吉祥寺南町2-29-10

● 武蔵野労務行政事務所  【社会保険労務士】 武蔵野市吉祥寺南町1-11-11

● 生命保険・ライフプランナー 宮崎 圭史

● オーシャンズ知財事務所  【弁理士】 武蔵野市境南町2-1-22

● 【損害保険】  小林千加史

● グラッドデザイン  【一級建築士】 新宿区余丁町13-2

● ESJ株会社  【人材紹介】

● 上海ガーデン  【太らない中華料理レストラン】  武蔵野市御殿山1-5-5

 Lunar Bron(ルナブロン) 【ビューティーサロン&スクール 】 杉並区高井戸東3-8-6

● 明石健康療法院  【冷え改善】 立川市錦町1-8-18

● 理学美容院 カグー(kagu)  【東京 高井戸】

● イプセ(ipse)美容院  【東京 高井戸】

健康リッチプロジェクト

操体おおほり癒養院  【操体法】 【東京・吉祥寺】

鉛筆画 NOV Collection

葬儀・葬祭 株式会社 A’ZUMA  【東京・三鷹】

● 割烹 栗吉 新宿区西新宿8-1-3 ホテルローズガーデン新宿(横)

● Hidamariカフェ 大田区蒲田4-31-1

● フェイシャルエステサロンNHS 渋谷区神宮前3丁目

● 有限会社ファインクラフト 品川区西五反田3-14-7

● 蒲田よしのクリニック 大田区蒲田5-27-10

● 高齢者住宅新聞社 東京都中央区銀座

● 有限会社こりこり 柔道整復師 (接骨業) 墨田区押上1-29-6

● Korix 柔道整復師 (接骨業)  新宿区若松町

● 有限会社丸屋呉服店 大田区西蒲田7-48-7

● スナバ薬局   葛飾区亀有 2-23-3

● 田中屋(薬局)  葛飾区亀有3-33-2

● Cafe AKANE  葛飾区亀有 3-32-7

● イワセ糸店   葛飾区亀有 2-62-7

● 東京聖栄大学

● 香念寺

● 蓮光寺

● お好焼 はーふたいむ

● 自然食カフェ&ダイニング なーりっしゅ 【東京 駒込】

● タムタム 【全店舗】
● バーバー・タカダ 【東京 亀有1-19】

● 亀有メンチ 【東京 亀有 3-32-5】

ときわ食堂 【東京 亀有 3-11-13】

小千谷たきざわ 【東京 亀有 3-17-13】

食道場くじら組 【東京 亀有 3-36-4】

蕎麦 寿々喜 【東京 亀有 3-35-4】

● at ease  【東京 亀有 2-33-6】

● 秋葉原歯科 【東京 秋葉原】

● bistro Lyon(ビストロリヨン) 【東京 大手町】

● 貸し会議室 NATULICK四ツ谷 【東京 四谷】

● NPO法人 一期倶楽部 【東京 西東京市】

● FP相談 株式会社ミッドライフ 【東京 神保町】

● 株式会社ビードゥー

● トータルビューティーサロン ツルティム 【東京 港区】

株式会社D-MIND

そま莉 熊本料理【東京目黒】

有限会社ファイブエルシー(Five LC) 新田 義治 コーチング

特定非営利活動法人「食べものを考える会」

女子栄養大学

美山物産株式会社 【東京都大田区】ベジピア旗の台 担当  村田聡 様

イン・ナチュラ【東京都中央区】

葛飾区市民活動支援センター(葛飾区勤労福祉会館)

コミュニティ・ボード 街の掲示板@クサマストアー

亀有ドリームボード@Ario

健康スポーツケアシステム ネクサス青砥鍼灸整骨院

Community Cafe Hanatan

+Choice ぷらす ちょいす

障害者のたまり場 地域活動支援センターなぎ

【神奈川・埼玉・山形・兵庫・静岡・愛知・茨城・長野編】

————————————————————————————

● 自然食品のお店 ティエラ 神奈川県相模原市緑区東橋本3-16-8

● ほんわか健康村  長野県茅野市玉川8485-6

● 還元陶板浴 虎杖伝説の里 清龍  茨城県牛久市さくら台2-10-21

● 株式会社梶井建設産業 茨城県牛久市さくら台2-10-22

● 有限会社フィールドワーク 埼玉県川口市芝6325

● 森林酵素温浴 きばこ 横浜市港北区鳥山町387-2

一般社団法人 ぜんしきょう|全国育児介護福祉協議会 静岡支社

● 介護と健康を考える会 静岡つつじ会  【静岡県 焼津市】

● やいづTV(Yaizu Ustream Club) 【静岡県 焼津市】

● やきにく家 幸楽 【静岡県 焼津市】

● イオンセラピーサロン ゆりかご 【神奈川 江田】

● NPO法人 きずな 訪問介護 【山形県米沢市】
● スナックあや 【神奈川 磯子区】横浜市磯子区杉田2-1-21

素食カフェ サラ【神奈川県川崎市】

杉浦貴之様 (今回のコンベンション講師)【愛知県】

リセット整体・エスコート・芦屋サロン【兵庫県芦屋市】 代表   高岸 真様

———————————————-

●パンフレット配布、ポスター掲載をしてくださる企業・店舗・個人の方を募集しております。
配布をご協力いただける方は、以下の内容をがんコントロール協会までご連絡ください。

・送付先のご住所
・お電話番号
・ご希望枚数(パンフレット・ポスター)
・配布方法(店頭配布・お客様への配送など)
・ご担当者名
・コンベンションのウェブサイトでご紹介しても良い場合は、URLも合わせてお知らせください。 ご連絡先 TEL : 03-5294-8899
Mail : mail[a]npo-gancon.jp
※[a]を@に変更してメールをお送りください。

———————————————-

●様々なお仕事をしてくださるボランティアスタッフを募集しております。http://gancon.jp/201303241/
———————————————-