Now Loading...

HOPE 4 CANCER TREATMENT CENTER(メキシコ)

HOPE 4 CANCER TREATMENT CENTER(メキシコ)

院長紹介

院長紹介
院長:Dr.Antonio Jimenez, M.D., N.D.,
※第23回日本がんコンベンション講演者
※第25回日本がんコンベンションにて講演予定

アメリカ・テキサス州のダラス大学で、生物・生物化学の学位を取得。その後メキシコでグワダラハラ自治大学医学部を卒業。アメリカ・カナダをはじめ、ドイツ・リトビア・ケニア・中国・タイ・日本など世界中を飛び回って様々な代替療法を学び、アーネスト・コントレラス医学博士が率いるコントレラス病院(現在のOasis of Hope Hospital)の医療長などを経て、2000年メキシコ・ティワナにHope 4 Cancer Clinicを設立し、2014年にはメキシコ・カンクーンにもクリニックを設立。
ソノフォト・ダイナミックセラピー、低出力レーザー療法、ウイルス治療のリグビア、免疫療法など、常にドイツなどの最先端の代替療法を次々と採用。治療手段の多彩さでは代替療法の本場ティワナでも群を抜いている。

トニー院長取材動画1

  1. HOPE 4 CANCER TREATMENT CENTER(メキシコ)