代替・統合療法について

代替・統合療法とは

代替・統合療法とは「代替療法」(代替医療)とは簡単にいえば現代医学の理論では効果の理由がまだ証明されていない治療法のことです。

現代医学は西洋医学をルーツとして発展し続けており、物理学や化学などの現代科学に基づき治療が行われています。しかし、世界には漢方薬や針灸、指圧などでおなじみの中医学、インド医学のアーユルベーダなど、西洋医学ではない医学が古くから存在しています。

それらの伝統的医学を含め、食事療法、栄養素療法、イメージ療法、ハーブ療法、温泉療法、アロマテラピーなど、現代医学的治療の範疇に入らない全ての治療法は全て代替医療と呼ばれ、身体に負担がなく自己治癒力を高めるそれらの療法は実に多岐にわたっています。

がんにおける手術や抗がん剤、放射線治療に代表される西洋医学の通常療法に対して、それら以外の療法を非通常療法という呼び方をすることもあります。

【動画】がんの代替療法の可能性、がんは怖い病気ではない

NPOがんコントロール協会の理事長の森山晃嗣が、日本がんコンベンション(代替療法・統合療法コンベンション)を開催してきた経験から、がんの方、そのご家族の方のため­の代替療法の可能性を伝えます。

代替療法の可能性<前編>

代替療法の可能性<後編>