NEWS

2015.07.05 第21回代替・統合療法日本がんコンベンションは、920名の方にご来場いただき大盛況で終了しました!

講演者インタビュー

(1) 産科医になったきっかけとクリニック関連施設の御紹介 / 宗田哲男 院長

(2) 糖質制限を実施したきっかけと妊娠糖尿病について / 宗田哲男 院長

(3) 妊婦への糖質制限とケトン体の数値について / 宗田哲男 院長

2015年のコンベンション紹介動画

代替医療を選んだがん患者さんの体験談

代替・統合療法「日本がんコンベンション」開催のきっかけ

開催目的

代替・統合療法 日本がんコンベンションは、がんや難病に関する代替療法・統合療法の権威が結集して、治療に関心を持つ方に最新の理論と成果を報告する年に一度のコンベンションです。
1995 年に第一回を開催し、今年で記念すべき22 回目の開催となります。
21年前にアメリカ ロサンゼルスにあるCancer control society(アメリカがんコントロール協会)の協力の元、日本での開催を実現致しました。
「日本ではまだ知られていない世界の代替医療の情報を一人でも多くの人に知ってもらいたい」
という思いだけで毎年開催し続けています。

この20年間で延べ約200人の医師や専門家による講演がなされ、参加者は約1万500人にものぼります。
このコンベンションには、自分や大切な家族が病気になってしまった時、知っていて良かったと思える内容が詰まっています。
日本人の3人に1人、2人に1人が癌になると言われているこの時代に自分を守れるのは、実践者からの情報と自身の知識です。
どうぞ会場に足をお運びください!
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

Blog

森山晃嗣のブログ You are what you eat! 健康は食べ物で作られる!日本人が知っておきたい正常分子栄養学